採用支援㊙️ブログ 

採用担当者様向けブログ

パチンコ店の求人募集の変化

パチンコ店の求人募集の変化

 

時代の流れと共に求人募集の内容も年々変化してきています。

今回は、パチンコ業界における採用事情について、いくつか紹介したいと思います。

 

★ 増えてきたこと

 

○ 勤務初日から通常時給 (研修時給の設定をしない)

※ 売り手市場時に応募を増やす対策として改訂するお店が増加。

※ 研修時給を設定すると応募が減り、結果的に求人費用が高くなることも。

※ 経験者は初日から通常時給のお店に応募する傾向が強い。

 

○ 身だしなみの緩和 (髪色/髪型/ネイル/ピアス)

※ 髪の色は13号程度まで許可しているお店が増加傾向。

※ 常識の範囲内で許可。

 

○ アルバイトへの交通費支給

※ WEBで探す人が多いため、求人を掲載しても交通費がないと検索にヒットしない。

※ 交通費支給にレ点を入れて検索する求職者が多い。紙媒体と違って掲載しても閲覧されないケースが増加。

 

○ アプリを利用した給与前払いシステムの導入

※ 従業員同士のお金の貸し借りや、不正防止の観点から導入。

※ コロナ禍における生活支援的要素を兼ねて、入社数ヶ月程度のみ前払い許可。

※ 求人応募数を上げる戦略で導入。

 

○ 各種福利厚生の導入

※ フリードリンク/Wi-Fi/空調設備/各種休暇/認可外保育園補助/インセンティブ

※ 福利厚生を重視する求職者が増加。

 

○ 面接時の履歴書不要

※ 入社時に提出 (従業者名簿作成用)

※ 履歴書の代わりにエントリーシートを来社時に記入してもらうケースが増加。

 

○ 面接をブッチする求職者

※ 複数の企業に同時に応募する傾向が強く、本命の応募以外をブッチする人が増加。

※ 電話応募と異なりWEB応募の方がブッチする罪悪感が薄い。

 

★ 減ってきたこと

 

○ 研修期間の時給設定

※ 例えば、通常時給1200円/研修時給1000円のように設定。

※ 入社から1ヶ月~3ヶ月程度の期間は通常時給よりも低い設定で募集。

 

○ 従業員用食堂

※ 無料または低額での食事の提供

 

○ 入寮希望者の採用

※ 寮を提供されるお店

 

○ 現物支給

※ タバコ/カップラーメン/お年玉などの従業員への様々な還元。

 

○ 採用年齢の範囲を限定

※ 30歳未満などに限定した採用 (直近では40代以上でも採用するお店が増加)

 

○ フリーペーパーでの求人募集

※ スマホの普及によりWEB応募の方が多いため

 

★ 変わらないこと

 

○ 募集時給があまり変化していない

※ 直近10年における時給の伸び幅が他職種よりも上昇度が低い。

※ 飲食店の時給ベースが上昇しており、パチンコ店の高収入という文言が効果を生まなくなっている。